ソフトバンク光

フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えて使い始めて四年ほどになりますが、ソフトバンク光について紹介していきたいと思います。
ソフトバンク光が他社より優れている点は、3つあります。それぞれ紹介していきます。
①基本料金が安い
ソフトバンク光は数ある光回線の中でも特に基本料金が安いです。
戸建て:5,200円、マンション:3,800円
現在最も利用者が多いフレッツと比べると、月1,000円以上安い料金で同じ通信速度の光回線を使うことができます。
この価格差の決め手になっているのは、ソフトバンクは「回線とプロバイダーを一括で管理している」ためです。
フレッツ光の場合、NTTフレッツ(回線)とプロバイダーの2社に契約しないと使えません。また、支払いも2社別々に行う必要があるため合計の金額が高くなります。
ソフトバンク光の場合、回線とプロバイダーをソフトバンクが一括管理しており、契約も支払いもソフトバンク一社のみにまとめられるため、コストが下がり、利用者の支払いも1,000円以上少なくなります。
「プロバイダー料がかからないという大きな差」が価格差を生み出しています。

②セット割でスマホ代が大幅に下がる
実はソフトバンク光以外にも同程度の基本料金の光回線は存在しますが、それでもソフトバンク光が「ソフトバンクスマホを使っている人が最もお得に使える光回線」といわれているのは、スマホとのセット割「おうち割」があるからです。
スマホと光回線のセット割「おうち割」は、スマホ代が500~2,000円割引されるサービスで、家族全員が対象となるため、一家全体の通信費は大幅にダウンします。最も利用者が多い「データ定額5~20ギガ」のプランなら1,522円割引です。家族のスマホ代も考えると大幅にコストダウンすることが可能です。

③初期設定が簡単
ソフトバンク光は、ソフトバンクスマホを使っている方に新たに光回線を使ってほしいという目的で始まったサービスという背景があり、今まで自宅にネット回線を使っていなかった方や、精密機器の扱いが苦手な方でも簡単に使えるように工夫されています。
初期設定は2本のケーブルをつなぐだけで終わりです。
ネットやパソコンなどの機械が苦手な方でも15分程度でネットを使うことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする