もっとお得に!【光回線】乗り換えについて分かり易く解説


フレッツ光から別の光回線に乗り換えをすることができます。

フレッツ光から別の光回線に乗り換えるメリット・デメリット

フレッツ光から別の光回線へ乗り換える場合、いくつかのメリット・デメリットがあります。

今回はこのメリット・デメリットについて説明をしていきたいと思います。

メリット

まずは、フレッツ光から別の光回線に乗り換えた場合のメリットですが、3つあります。

月額料金が安くなる

一つ目に、月額の料金が安くなることです。フレッツ光でインターネットを利用するためには回線利用料をNTT東日本・NTT西日本に支払い、プロバイダ利用料をプロバイダへ支払う必要があります。

それぞれ支払う必要がある為、月額料金は他の光回線の比べてやや高い傾向にあります。フレッツ光から光コラボ、KDDI、NURO光等の光回線に乗り換えることで、回線利用料とプロバイダ料金を一括して支払うことになり、月額料金を安くすることができます。

スマートフォンと組み合わせると割引になる

二つ目に、スマートフォンの割引が適用されるということです。フレッツ光の場合、フレッツとスマートフォンのキャリアを合わせることによる割引サービスは行っていません。

ですが、光コラボやKDDIの場合は、スマートフォンキャリアと光回線を合わせることでスマートフォンの利用料金を割り引きするサービスがあります。例えば、光コラボのSoftBank光であれば、スマートフォンキャリアもSoftBankに統一することで、スマホ料金が月最大2,000円割引になる割引サービスがあります。

BIGLOBEでは、auもしくはBIGLOBEモバイルの利用で割引を受けることができます。携帯キャリアがauであれば、auスマートバリューと呼ばれる割引サービスがあり、こちらも月々のスマホ料金から最大2,000円の割引を受けることができます。

また、携帯キャリアがBIGLOBEモバイルの場合はスマホ代を毎月300円割引することができます。

高額キャッシュバックを受けられる

三つ目のメリットとしては、高額のキャッシュバックが受け取れるということです。
光回線業界では自社の契約を増やすために販売代理店で高額のキャッシュバックを謳っています。

フレッツ光から他の光回線に乗り換えることで、数万円のキャッシュバックを受け取ることができます。

・デメリット

続いては、乗り換えのデメリットについて説明していきます。フレッツ光から別の光回線への乗り換えデメリットは3つあります。

光コラボ以外の場合、新たに手続き・工事が必要

一つ目に、手続き・工事が必要ということです。光回線を乗り換えるわけですから、新しい光回線の契約手続きが必要になります。契約前に説明を聞いたり、契約書類に記入・捺印をしたりと、何かと煩わしい手続きを行わなければなりません。
フレッツ光から光コラボへの転用であれば工事は基本的に不要ですが、それ以外の光回線への乗り換えの場合は新たに工事が必要になります。工事に伴う日程の調整や工事費用がかかるといった所もデメリットになります。

プロバイダのメールアドレスが変わる

二つ目にプロバイダのメールアドレスが変わってしまう可能性があることです。
フレッツ光で契約しているプロバイダと乗り換え先の光回線のプロバイダが異なると、プロバイダのメールアドレスが使用できなくなります。仕事やプライベート等でプロバイダのメールアドレスを利用している人にとってはデメリットになります。

但し、このプロバイダのメールアドレスは月数百円支払うことで継続して利用することも可能です。

フレッツ光からの解約金と工事費の残債が請求される可能性

三つ目に、フレッツ光からの乗り換えにより解約金、工事費の残債が請求される可能性があることです。
フレッツ光では基本的に24ヶ月間の自動更新となっています。更新月以外での解約には解約金がかかりますので、乗り換えのタイミングには注意が必要です。

また、光回線導入にかかった工事費は30回払いとなっています。支払いが完了していない場合は別途支払う必要があります。但し、光コラボへの転用の場合は更新月以外の乗り換えであっても解約金は発生しません。

乗り換え時の注意点について説明していきたいと思います。

他の光回線に乗り換えると言っても、光回線には光コラボやKDDI、電力会社系回線等いくつか種類があります。ここで注意しなければならないのは光コラボとそれ以外で工事費が大きく変わる可能性があるということです。

光コラボに乗り換え

まず、光コラボの場合ですが、光コラボはNTT東日本・NTT西日本の光回線をプロバイダが借りて光サービスを提供しているものです。

フレッツ光を利用する場合は回線利用料をNTTへ、プロバイダ利用料をプロバイダへ支払うことになります。これに対して光コラボは回線利用料、プロバイダ利用料共にプロバイダに支払う仕組みとなっています。

フレッツ光もNTTの回線である為、光コラボへ乗り換えても実質的には同じNTTの回線を利用することになります。

【フレッツ光】から【光コラボ】へ乗り換え メリットと注意点

転用のメリット

フレッツ光から光コラボへ乗り換えることを転用と呼び、転用には大きなメリットがあります。

最大のメリットは工事費が他の光回線への乗り換えと比べて安いというところです。

では、光コラボの工事費はというと、基本的に工事費はかかりません。これは、既にフレッツ光で光回線を導入しているためです。
既に導入してある光回線を転用先のプロバイダでも利用する為、新たな工事は発生せず、工事費の支払いは必要ありません。
但し、回線タイプの変更がある場合や移転を伴う場合は回線工事が必要となる場合もあります。

回線タイプとは、集合住宅タイプにおいては、屋外から屋内への光回線の導入にはいくつかの種類があります。集合住宅共用エリアから光回線で戸内まで接続する光配線方式や電話線を利用するVDSL方式、LANケーブルを利用するLAN配線方式の3種類があります。

フレッツ光から光コラボへの転用に伴ってこれらの接続方式の変更が発生する場合等は工事が必要となります。

転用の注意点

フレッツ光から光コラボへの転用ではこのようなメリットがありますが、注意点もあります。

それは、フレッツ光から光コラボへ転用をした場合、フレッツ光に戻したり、他の光コラボプロバイダへ乗り換えることができません。仮に乗り換える場合は、新規扱いという形で工事をする必要があります。

光コラボ以外の光回線に乗り換える場合の注意点

次に、KDDIや電力会社系の光回線へ乗り換える場合です。

フレッツ光からこれらの光回線への乗り換えは可能です。厳密にはフレッツ光の契約を解除して、他の光回線事業者と契約することになります。
これらの光回線への乗り換えの場合、光コラボと違い、乗り換えに伴う工事が必要となってしまうため、工事費がかかる分、光コラボに対してやや割高になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする