フレッツ光から別の光回線へ【工事】は必要?

フレッツ光から別の光への乗り換え時、工事が必要な場合と不要な場合があります。
それぞれの場合の工事の要否について説明していきたいと思います。

フレッツ光から別の光回線に乗り換える場合

まずは、フレッツ光から別の光回線の乗り換える場合です。フレッツ光以外の光回線とはKDDIやNURO光(So-net)等を指します。

これらの光回線へ乗り換える場合は新たに光回線の導入工事が必要になります。フレッツ光の光回線とKDDI等の光回線はそもそも回線事業者が異なり、使用している光回線も違うためです。

フレッツ光からフレッツ光の別プロバイダへ乗り換える場合

次に契約回線はフレッツ光のままプロバイダのみ乗り換える場合です。プロバイダの変更前後でフレッツ光の回線を利用し続けることになるため、乗り換えに伴う工事は発生しません。

工事は発生しませんが、プロバイダによっては最低利用期間を定めている所もあり、この最低利用期間未満での乗り換えに違約金が発生する場合もあるので、注意しましょう。

フレッツ光から光コラボへ乗り換える場合

最後にフレッツ光から光コラボへ乗り換える場合です。この場合は基本的には回線工事は不要となります。

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは転用と呼ばれ、光コラボでもフレッツ光の回線をそのまま使用する為、乗り換えに伴う工事は発生しません。
但し、今お使いのフレッツ回線の変更(マンションタイプのVDSLタイプから光配線方式への変更)が伴う場合は、工事が発生してしまう場合もある為、事前に確認すると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする