フレッツ光から【ソフトバンク光】へ乗り換え!分かり易く解説

フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えを行った場合、毎月の料金や通信速度、工事費等はどうなるのかについて説明をしていきたいと思います。

1.毎月の料金を比較

まず、毎月の料金はどうなるか比較してみましょう。
フレッツ光、ソフトバンク光共に毎月の光回線利用料金は戸建住宅と集合住宅で異なります。それぞれの場合の料金プランについて説明します。

戸建住宅の場合

まず戸建住宅の場合です。戸建住宅の場合のフレッツの月額料金は回線使用料の5,700円にプロバイダ料がかかります。プロバイダは複数のプロバイダの中から選ぶことができますが概ね1,100円程度となります。フレッツ光戸建プランの場合、月額6,800円程度の利用料がかかる計算になります。

一方でソフトバンク光では、回線利用料とプロバイダ料がセットになって、戸建住宅で5,200円で利用することができます。戸建住宅の場合では、フレッツ光とソフトバンク光では1,600円もの差があることになります。

マンション・集合住宅の場合

続いては、集合住宅について比べてみましょう。

フレッツ光では戸建タイプ同様に集合住宅でも回線利用料とプロバイダ料がかかります。回線使用料は3,350円で、プロバイダ料は900円程度かかりますので、1ヶ月の利用料金は4,250円程度となります。


一方ソフトバンク光はというと、プロバイダ料込みで月額3,800円で利用することができます。集合住宅で比較してもソフトバンクのほうが400円程度も安いことがわかります。

2.通信速度を比較

フレッツ光とソフトバンク光の通信速度はどうなるのかについて説明をしていきます。
フレッツ光、ソフトバンク光共にNTTの光回線を利用している為、最大通信速度に違いはなく、どちらも最大1Gbpsとなっています。

但し、実際に利用する場合の通信速度は回線の通信速度だけではなく、プロバイダの通信設備にも影響します。


プロバイダの通信設備はエリア毎に異なっているため、実施に利用をしてみない限りわからず、フレッツ光からソフトバンク光への乗り換えでプロバイダが変わることから、体感速度に違いがある可能性があります。ですが、最大1Gbpsというところはフレッツ光、ソフトバンク光共に変わりません。

3.新たに工事の有無

ソフトバンク光は光コラボの為、フレッツの回線を借りて光サービスを提供します。そのため、ソフトバンク光への乗り換えに伴う工事は発生しません。
フレッツ光から光コラボへの乗り換えは転用と呼ばれ基本的に工事費は不要ですが、転用時に最大速度を変更する場合は工事費がかかります。例えば、フレッツ光回線を最大200Mbpsで申し込んでいて、転用と同時に1Gbpsに切り替える場合、工事が発生します。

4.ソフトバンク光へ乗り換えた場合のメリット

ソフトバンク光への乗り換えメリットについては、3つあります。

メリット1 乗り換えに伴うプロバイダ違約金・撤去工事費を10万円まで負担してくれる

まずは乗り換えの伴うプロバイダ違約金・撤去工事費を10万を上限として全額負担するサービスです。フレッツ光の場合は、回線契約をNTTと行い、プロバイダ契約をプロバイダと行うことは先で説明しました。

プロバイダ契約においては、最低利用期間が設定されていることがほとんどであり、この最低利用期間内にソフトバンク光へ乗り換えてしまうと、違約金が発生します。ソフトバンク光では、この違約金を全額負担するサービスがあります。

また、フレッツ以外の他の回線からの乗り換え時に元々の回線で回線撤去工事費がかかる場合も、ソフトバンク光で撤去工事費負担を受けることができます。違約金・撤去工事費合わせて最大10万円までの範囲で負担してもらえるため、乗り換えに伴う違約金等の負担をほぼ0にすることができます。

メリット2 YahooBB!基本サービス

次に、YahooBB!基本サービスです。Yahoo!BB基本サービスとは、ヤフーオークションやヤフーブックストア等が利用できるサービスです。
月額300円~利用できるサービスで、ヤフーブックストアでは人気雑誌が発売日にインターネットで読めたり、ヤフーオークションへの出品・落札が行える特典があります。

ヤフーショッピングでの買い物時に通常の14倍のポイントが付与されたり、ソフトバンクのスマホを利用していると最大19倍と、大変お得にヤフーショッピングを利用できるようになります。

メリット3 おうち割光セット

最後におうち割光セットというサービスです。おうち割光セットとは、ソフトバンク光とソフトバンク携帯のデータ定額50、20、5GBプラン契約した場合に、スマホの料金を最大1,000円割り引きするサービスです。
ソフトバンク光1回線につき、最大10回線までのソフトバンク携帯を適用することができます。家族4人がデータ定額5GBプランに加入している場合、1ヶ月あたり4,000円(1,000×4人)の割引、1年に換算すると48,000円も割引を受けることができます。

5.乗り換えた方が良い方、乗り換えない方が良い方

お使いの携帯がソフトバンクの方はソフトバンク光への乗り換えがおすすめです。ソフトバンクのおうち割光セットは割引額が大きく、家族全員が適用することもできる為、うまく利用することで毎月の携帯代金を大幅に安くすることができます。

また、フレッツ光からの乗り換えであってもプロバイダ違約金を負担してくれるというところも嬉しいポイントですね。


乗り換えに伴う違約金も支払う必要なく、ソフトバンク光へ乗り換えることができ、月々の料金が安くなるソフトバンクユーザーはソフトバンク光が最適です。


一方で、携帯キャリアがauもしくはdocomoの方はおうち割の適用は受けられません。auであればAU光、docomoであればドコモ光にすることで、携帯との併用による割引を受けることができますので、携帯キャリアがSoftBank以外の方はそれらの光回線への乗り換えがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする