BBIQ(ビビック)の光回線【BBIQ光】解説!

BBIQ光

BBIQ光(ビビックひかり)は九州電力の関連会社のQTnet(キューティーネット)が運営する光回線です。沖縄を除く九州地域全体を営業エリアにしており、九州地域におけるシェアはNTTに次ぐ第二位の九州地域に限定した地域密着型の光回線事業者になります。しかも母体の九州電力は光回線に関しての長い実績があり、実用化を行ったのは1972年と実は日本で最初に光ファイバーの通信を行った事業者でもあります。そんな地域密着型で、光回線のパイオニアである九州電力グループが手掛けるBBIQ光について大まかな特徴と、どんな方にお勧めなのかをお話しします。

まず、プロバイダーと回線の両方を持っている会社なので料金体系が非常に分かりやすいという特徴があります。多くの場合プロバイダーと回線業者がバラバラ(A社がプロバイダなら、B社は回線業者)ということが多く、契約してもすぐに始められないことがあります。しかし、BBIQ光は回線の料金にプロバイダー料金が含まれているので非常に分かりやすく契約、開通後すぐにインターネットがつながります。また九州電力グループなので災害時にも強く、熊本地震の際の回線復旧もスムーズな対応が行われました。

そんなBBIQ光ですが、オススメはやはり九州在住(沖縄県除く)の方です。それ以外のエリアは対応していても十分なサービスが受けられない可能性もありますから、あまりお勧めしません。また地域密着型だけあり、九州地方ではNTTに次ぐ契約件数を誇り人気の回線の一つと言えます。また、大手だけあってサポートもしっかりしていますから、分からない時やトラブルの時も親切丁寧に対応してくれるので、ネットにあまり詳しくない方にもお勧めできるサービスと言えます。

インターネット回線はどこがいい?おすすめの光回線をご紹介⇒光回線 おすすめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする